ほうれい線は努力次第で消せる|悩みの種を摘み取ろう

5歳老けて見える顔のシワ

女性医師

骨格でわかるできやすい人

ほうれい線ができやすい人には顔立ちに、ある特徴があります。痩せ顔であごが細長く、鼻筋が通っている顔立ちの人はできやすいので注意が必要です。痩せていてあごが細長い人は、太っている人に比べると肌の内側からのハリが少なくなっています。その為、溝ができやすくなるのです。また、鼻筋が通っていて目鼻立ちがはっきりしている人は、顔の皮膚が動きやすいという特徴があるのでシワができやすいのです。太っている人は肌にハリがあって、顔の皮膚が動きにくいのでほうれい線ができにくいのです。ただし、太っていても年齢と共にハリが失われるのでほうれい線ができます。なので、若いときから頬の筋肉を引き締める必要があります。そして、顔立ちの他にも、ほうれい線ができやすい人には特徴があります。それは、乾燥肌の人です。肌が乾燥すると潤いがなくなってハリが失われるます。それにより、シワができやすくなります。また、普段から肩こりや目が疲れやすい人も要注意です。筋肉は全身でつながっているので、肩こりや目が疲れやすい人は顔の筋肉も固くなっていることがあり、ほうれい線ができやすくなります。

ヒアルロン酸で治療が可能

顔立ちや乾燥肌でも普段から紫外線に注意をしていれば、ある程度ほうれい線を防ぐことができます。もともと紫外線はあらゆる肌のトラブルの原因になります。紫外線を浴びると体内に活性酸素が生成されて、肌の真皮層が傷つけられるからです。外出する時には紫外線を浴びないように服装や日焼け止めを塗るなどして気をつけることです。それに加齢が加わるので、余計にほうれい線ができやすくなります。できてしまった場合でも諦める必要はなく、今では美容整形で消すことができます。また、美容整形ではヒアルロン酸注射という方法が行われます。ほうれい線を放置すると溝がどんどん深くなって取り返しがつかなくなるので、早めに美容整形で診てもらうようにします。ヒアルロン酸はもともと人間の細胞に含まれていますが、年齢と共に減少します。そのため顔にシワができやすくなるのです。なので、美容整形外科では、ヒアルロン酸注射で補給することによって肌にハリが戻ります。